日焼けの原因・症状及び防止法

太陽の光は人間の健康にとってはとても重要な役割を果たしているといわれていますが、日焼けをすると肌のダメージにつながってしまうこともあって、できれば日焼けをしたくないという人も多いのではないでしょうか。
そこで、日焼けをするとどんな肌ダメージになってしまうのかということや、そのような肌ダメージがどのような仕組みで起こっているのか、日焼け止めをするとどのような効果がもたらされるのかということなどについてご紹介してみたいと思います。

 

1. 日焼けをするとどんな肌ダメージが起こる?
日焼けをするとどんな肌トラブルになるということで、多くの女性などが気を付けている日焼け。具体的には日焼けをするとどんな肌ダメージが引き起こされるのでしょうか?
日焼けをすると次のような肌ダメージが起こることが知られています。

 

 

・赤み・かゆみ・いたみ・肌くすみ
・黒ずみ・ソバカス・シミ
・炎症など

 

日焼けはこれらの肌トラブルの原因になっているといわれています。
紫外線のダメージは皮膚癌なども引き起こすことがあるともいわれ、日焼けをすることで肌の老化を早めてしまうといわれているのです。
日焼けを引き起こすものが太陽からの紫外線です。紫外線には、肌の弾力やハリなどを維持しているコラーゲンやエラスチンなどの物質を破壊してしまう作用があることが知られています。

 

そのため、コラーゲンやエラスチンが破壊されれば、肌の弾力やハリなどが失われていきやすくなってしまうのです。そして、肌のたるみやしわなども引き起されてしまうのです。
また、紫外線には肌の新陳代謝を鈍化させる作用があることも知られています。
紫外線を多く受けると、新陳代謝が正常なサイクルで行われなくなり、紫外線を浴びたことで生成されるメラニン色素も皮膚に残りやすくなって、シミやそばかすなどの原因になってしまうのです。

 

新陳代謝が正常なサイクルで行われている肌なら、紫外線の作用によって作られたメラニン色素はそのまま時間が経つと体の外へと押し出されてしまうのです。しかし、紫外線には正常な新陳代謝のサイクルを乱してしまう作用があり、メラニン色素がそのまま肌の中に残って肌トラブルにつながってしまうというデメリットをもたらしてしまうのです。
また、紫外線を浴びると肌の水分保持率が低下してしまうということもわかっています。
つまり、紫外線は肌から水分を奪ってしまう作用があるのです。水分を失った肌はうるおいがなくなり、弾力やハリなども低下してしまうのです。また、外界からの刺激にも弱くなり、アレルギーが起こりやすくなったり、炎症の原因にもなるといわれています。

 

2. 肌が日焼けするメカニズムについて
日焼けをすると肌が黒くなったり赤くなったりして、シミやそばかすといった肌トラブルや時には皮膚がんなども引き起こすことがあるといわれる日焼けですが、具体的にはどんなメカニズムになっているのでしょうか?
そこで、肌が日焼けするメカニズムについてご紹介してみたいと思います。

 

肌の表面を覆っている皮膚は肌の内側にある組織や細胞を保護する役割を担っています。そして、その肌は3層構造になっていて、表面から表皮、そして、
皮、皮下組織という3つの層で成り立っているのです。そして、一番外側になる表皮は角質層、そして顆粒層、有蕀層、基底層という4つの層で構成されています。
紫外線は人間の細胞にとって有害な光線といわれ、肌は紫外線が体の中に到達してしまうのをできるだけ防ごうとするようになっています。そのため、表皮の細胞は紫外線を受けると、できるだけダメージを防ぐために角質層で紫外線を跳ね返そうとします。

 

 

 

しかし、紫外線量が多い場合には、角質層で全ての紫外線をシャットアウトするのは難しく、角質層で跳ね返せなかった紫外線は角質層の奥へ入ってしまいます。角質層を通った紫外線が基底層に到達すると、基盤層に存在することが知られているメラノサイトというところでメラニン色素が合成されるのです。そして、そのメラニン色素によって肌に入ってきた紫外線を吸収していきます。

 

このメラニン色素は黒い色をしています。メラニン色素が合成されると肌が黒くなるという現象が起こります。それによって日焼けしてしまうのです。また、このメラニン色素が大量に合成されてしまうことで色素が沈着してしまって、シミや
そばかすなどの肌トラブルの原因にもなるといわれています。

 

そのため、日焼けをすると肌が黒くなってしまったり、シミやそばかす、肌のくすみなどにつながってしまうのです。これは、紫外線量が角質層で跳ね返すことができないくらい多かったことで、紫外線が基盤層まで到達してしまい、そこに存在するメラノサイトによってメラニン色素が作られてしまったことが原因となっているということなのです。

 

そして、紫外線を浴びることで肌から水分が失われやすくなります。カサツキ気味の肌になって肌荒れしやすくなるというデメリットも生じてしまいます。乾燥しがちな肌はバリア機能が十分機能せず、刺激に対して弱くなったり、アレルギーなども起こりやすくなったり、炎症がより起こりやすくなってしまうのです。

 

3. 日焼け止めをするとどういう効果が得られる?
日焼けをすると、肌の様々なダメージが起こりやすくなってしまいます。紫外線対策を行うことで、これらの肌ダメージを予防することができます。

 

予防という点で、日焼け止めを利用するという方法はおすすめです。
日焼け止めを利用すると、肌の中に紫外線が侵入するリスクを減らしてくれることができます。肌の表面で有害な紫外線を跳ね返してくれるため、紫外線が肌内部に届くことで起こるトラブルを減らしてくれるのです。

 

そのことで、メラニン色素の生成を少なくしてくれたり、炎症などにつながるリスクを低下させてくれるという効果があります。また、肌の乾燥や肌荒れを防ぎ、肌のバリア機能を維持してくれるなどの効果があるのです。日焼け止めは紫外線からのダメージから肌を効果的に保護してくれて、肌トラブルを低下させてくれるというメリットがあります。

 

日焼け止めを利用すると、肌が赤くなったり、ヒリヒリしたり、ピリピリしたりするという症状が予防できたり、シミやくすみ、ソバカスや黒ずみなどの症状やハリヤ弾力の低下、シワなどの肌トラブルを予防したり軽減したりするという効果が得られます。
いつまでも健やかで美しい肌を維持するという点でも、日焼け止めを用いて日焼けを予防するということはとてもおすすめの方法なのです。

 

4. まとめ

毎年、春先から紫外線量はどんどん増えていきます。肌トラブルの原因になってしまう紫外線を効果的に予防することは美しい肌を維持するという意味でもとても重要です。日焼けをすると紫外線が体の中へ入るのを防ごうとして、メラノサイトでメラニン色素が合成されます。そのメラニン色素によって肌トラブルが引き起こされてしまうのです。このようなメカニズムを知ることは、紫外線の影響からどのように肌を保護していけばいいのかということを知るための大きなヒントを得ることができます。
日焼け止めを活用し、メラニン色素などの生成をできるだけ生じさせないようにすることが重要で、これからの季節に外出する場合には紫外線をできるだけ防ぐことができるようにしていくことが大切です。効果的に紫外線対策をすることで、安心して外出できるようにしましょう。

 

WHITE VEIL〜ホワイトヴェール〜
美容家プロデュース!!キレイになる♪ 飲む日焼け止めサプリ【ホワイトヴェール】

page top